ファイアパンチの感想&あらすじ(ネタバレ有)まとめ!

漫画を楽しむ

この記事を書いている人<ケンタ ヤマモト>

小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。それどころか、不安ばかりがつのり、次第には人生に絶望!…

そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかをプロフィール記事に書いています。ご興味ある方はぜひお読みください。

プロフィール
1986年生まれのB型、星座は牡牛座。 静岡県出身で今現在は神奈川県在住。 好きな言葉は「成長」とか「努力」とか「学び」です! ちょっと固い人だなと思ったでしょう? 自己啓発の話は好きですが、くだらないことも...(続きを読む)

僕の好きな漫画作品の中の1つに「ファイアパンチ」という作品があります。

すでに連載終了している作品なのですが、この前久々に読んでやはり面白い作品だなと感じました。

昔運営していたブログで「ファイアパンチ」の感想を書いていました。

当時書いていた記事を転載します。


【以下2017年当時の記事】

一話からアングラかつトリッキーな展開が多かったファイアパンチ。

それでも50話までは、まあまあ理解できるような内容でした。

しかし氷の魔女がユダを用いて巨大な「木」を作り、アグニがその木を倒したあたりからストーリーが意味不明な展開になってきました。

謎がどんどん増えていくファイアパンチ

木が倒壊したあと、アグニとユダは海に放り出される。

アグニの体を包んでいた炎はなぜか消え、ユダは記憶をなくしてしまう。

氷の魔女はどこに行ったのかよくわかりません。

海の近くにあった家へ侵入したアグニとユダは家に住んでいた女性たちに拘束される。

家に住んでいた女性らは、ベヘムドルグにかつて住んでおり、ドマに面倒を見てもらっていました。

「ファイアパンチのせいで住んでいたところを無くした」と語る女性らは、ファイアパンチに憎悪を抱いていました。

ファイアパンチ自身であるアグニは、自分自身の本性を明かさずに女性らと共生する道を選びます。

家を襲撃してきたベヘムドルグ軍の残党を倒し、動物を取ってきて食料を提供するアグニ。

女性の一人はベヘムドルグ軍の残党らにかつて強姦され、お腹に子供を授かっていました。

62話の最後では、10年の時間が経過しその子供が誕生したことが語られています。

その10年のあいだにアグニの腕は治り、女性らの絶対的な信頼を得ていました。

作者はストーリーの着地点を決めているのか…?

50話以降、読者おいてけぼりのストーリーが続いていたファイアパンチ。

7/31公開の62話では、そのおいてけぼり感は拍車がかかりました。

もうなにを伝えたいのかさっぱりわかりません。

コメント欄を見ても「ついてけん」「意味不明」「作者はファイアパンチをどう終わらせたいんだ」といった、ついていけないという趣旨のコメントが多いです。

まったくもって同感ですね(笑)

3巻では盛り返したと思うんですけどねえ。

ファイアパンチのストーリーを例えるなら前衛芸術ですね。あるいはピカソの絵。あるいはダリ。

もう常人には理解できませんわ。

謎は回収されるのか

ファイアパンチには多くの謎が残されています。

まずアグニの体についていた炎は、ドマが放った「永遠に消えない炎」でした。

実際、アグニがかつて住んでいた村は、ドマが放った炎で5年以上燃やされました。いまでも消えていないでしょう。

消えない炎だから、アグニの体からいつまでたっても消えなかった。

海にひたっても消えなかった炎です。それが消えてしまった。なぜ消えてしまったのか、その理由ははたして説明されるのでしょうか。

謎は謎のままに終わりそうで不安です(笑)

またユダの記憶が消えてしまったのも謎です。なぜ記憶は消えてしまったのか

氷の魔女に利用されたがゆえに記憶が消えてしまったのでしょうか?

この謎も明かされそうにない…。

そして氷の魔女の謎。ユダやルナとまったく同じ顔を持つ氷の魔女ことスーニャ。

トガタは氷の魔女なんていうのは架空の存在で、本当はただ氷河期が訪れているだけだと言っていました。

スーニャは氷の魔女ではないのか…?そしてスーニャの目的はなんだったんでしょうか?

なぜ10年もたったのにアグニやユダの前に現れないのでしょうか。

ユダを利用したいのであれば、ふたたび接触すれば良いはず。

そういった接触もなく10年も経過したのでしょうか。

他の漫画であれば、氷の魔女が再び現れアグニの前に立ちはだかる存在として出てきそうなんですけどねえ。

まとめ

ファイアパンチのいまの展開がアグニの夢だった(いわゆる夢オチ展開)だったとしても驚きません。

ていうかむしろ夢オチであったほうが納得いきます(笑)

けっこう話題沸騰していた「ファイアパンチ」ですが、今の展開を続けると読者離れが本格的になるんだないかと思うですけどねぇ。

まあ僕はどんな展開になろうが、今後も読み続けようと思います。

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
漫画を楽しむ
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました