嵐の曲「A・RA・SHI」が今の日本に必要な歌だった件

YouTubeを楽しむ

最近、YouTubeで嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」をリピートしています。

ジャニーズ好きでもないし、嵐が好きってわけでもない僕でしたが、なにげなく再生したら

「すっごい良い曲だなぁ~!」

と思い、よく聞くようになりました。

20年前の曲なので、メンバー全員が若く時代を感じますね。

年代的にも2~3歳くらいしか違わないので、彼らの風貌を見ていると1999年前後の10代の記憶を思い出します。

つまりはノスタルジーな気分に浸れることも気に入っている理由ではあるのですが、歌詞も気にいています。

記事タイトルにあるとおり、コロナ禍の日本に必要な曲だと感じています。

今日もテレビで言っちゃってる

悲惨な時代だって言っちゃってる

僕らはいつも探してる

でっかい愛とか希望とか探しちゃってる

今の日本は、毎日毎日コロナによる悲惨な報道が続いてます。

コロナで飲食店が閉店だとか、感染者が増えてるとか、ワクチンできたけどリスクがあるとか…。

この曲が発表された1999年は、バブル崩壊から約10年経過しており、不景気だなんだと騒がれていたことを思いだします。

しかし、1999年当時よりも現在のほうが悲惨な時代です。

日本だけじゃなく、世界中が悲惨な状況にあり問題が山積み。

オリンピックだってどうなるかわからないし、開催しないとなると今でも経済がヤバイのに、さらに落ち込む可能性があります。

強くしてくれるから

涙だってそうさ明日のEnergy

未来に向かって激しくつ突き抜けろ

しかし、そんな悲惨な時代だとしても、ネガティブなことをネガティブにするのではなく、前へ向かうことを歌っています。

上の動画を再生すればわかりますが、嵐のメンバーがパワフルに歌うからこそ、より言葉にパワーが入っているんだなと思います。

まだまだ世界は終わらない

いまから始めてみればいいじゃない

曲の最初と最後に出てくる上記の歌詞は、「終わりじゃない!まだまだこれからだ!」という気持ちにしてくれます。

嵐の曲をリピートするとは思いもしてませんでした(笑)今後の世界はどうなっていくかわからない時代ですが、「終わり」ではなく「始まり」であると希望を持って生きていきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が面白いと思ったら各SNSでシェアをおねがいします!

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
YouTubeを楽しむ
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました