ベルセルクのガッツはかっこいい!不屈の精神に憧れる!

こんにちわ!ヤマモト ケンタ(@wmwyk)です。

皆さんは漫画「ベルセルク」を読んだことがありますか?

1989年から連載され、30年たっても休載が多いため連載が続いている作品です。

最近マンガワンというコミックアプリで読んだんですが面白いです。

主人公であるガッツの生き様が、読んでいて心を打つんですよね~。

ガッツはめちゃくちゃ苦労人で、生まれた時から戦場の真っ只中にいて、幸せな家庭というのを経験していません。

育ての父親から男娼として売られ、11歳の時に父親を殺害。

父親殺害後は各地を放浪し、戦いに明け暮れる毎日だったがある時グリフィスに出会い、鷹の団に入団。

鷹の団団長であるグリフィスとの間に友情を育むが、それも束の間。

グリフィスの裏切りにあい「鷹の団」は全滅し、愛するキャスカはグリフィスに犯される…。

「蝕」のときのガッツの描写はあまりにも可愛そうだったなぁ…。

キャスカが幼児退行になり、かなりしんどい状況になったとしても前へ進むことを諦めないガッツには感服します。

僕だったら不安に襲われてしまう人生を送るんじゃないかなと思います(笑)

ガッツを見てて思うのは「怒り」と「憎しみ」を晴らすまでは死んでも死にきれないから、だから諦めないんだろうな、ということ。

たいていの主人公キャラって、前向きだったり「希望」だったり「正義」といったポジティブな言葉が似合います。

しかしガッツには「絶望」や「復讐」といったネガティブな言葉が似合います。

そのネガティブな要素が魅力なんですよねぇ。

人生崖っぷちに追い込まれるのって誰しもが避けたくなるとは思いますが、もし立たされた場合、そこから挽回したらめちゃくちゃかっこいいです。

ガツは常に人生崖っぷちみたいなところがあり、常に挽回しようと動き続けているように感じます。

人間が追い込まれた際に発揮する土壇場の力を見せてくれる、それがガッツの魅力だと思う。

この文章を書いていて気がついたんですが、土壇場で根性を出すようなキャラだから名前が「ガッツ」なんですかね?

名前の由来が知りたいですね(笑)

ガッツの姿を見ていると、自分がとても不安でツライ状況であったとしても、頑張ろうと思えます。

ツライ状況でも、そのツラさをパワーにし状況を打開しようとする姿が良いなと思うんです。

体育会系っぽいですが、男だったら怒りをパワーにするという姿は憧れるんじゃないかなと思います。

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

当ブログ管理人のヤマモト ケンタです。
子供の頃にいじめにあい自己肯定感が低いまま育つ。
20歳の頃にから、あまりに消極的な性格を変えるためSNSを通じて人と会い、コミュ力を上げる努力をする。
2014年からは副業もはじめ、人脈作りと収入アップを目指す。
努力の結果、友達の数も収入もアップしたがどこか満たされない日々を送る。
そして遂には頑張ることがイヤになり、将来に絶望する。
そんな時に心理学セミナーのセンターピースと出会い、不安が嘘のように晴れる。
満たされなかった原因は、自分を追い込みすぎていたことだった。
同じように苦しんでいる人が晴れやかな気持ちになれるよう、自分の体験談を公開中。

ヤマモト ケンタをフォローする
漫画を楽しむ
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました