WEB漫画の公開方法を詳細に解説するよ!

こんにちわ、当サイト(ウェブマンガワーク)の管理人、矢間賢多です。

当サイトに来ていただきありがとうございます!

昔に比べてネットの環境が進み、いまや誰でもWEB上に漫画を投稿することが可能になりましたね。

スマホの画面制度もあがりPCを持っていなくとも投稿だってできちゃいます。

そして漫画の投稿ができるサイトもいまやかなり多く存在します。

今回はいくつかの有名な漫画投稿サイトでの投稿方法について、画像つきで解説していきたいと思います。

WEB漫画を投稿ができるサイトを紹介していくぜ!

ジャンプルーキー

ジャンプが運営するユーザー投稿型のサイトです。

専用アプリもあります。(マンガ投稿はブラウザからのみ可能。アプリは読むことしかできません※2019年10月現在)

ジャンプルーキーにオリジナルのWEB漫画を公開するには、まずユーザー登録が必要となります。

登録後、ユーザーページが作成されます。

上記の画像はパソコン版の画像です。

画面右側に「新しい作品を投稿する」と書かれた青いボタンがありますね。

そのボタンを押すと作品投稿用のページに推移します。

画像をドラッグアンドドロップをするか、画面をクリックし画像ファイルを選択します。

選択すると以下のような画面に推移します。

  • 推奨画像は横800px。縦幅の推奨はヘルプページに記載がありませんでした。
  • 画像形式はJpg、PNG
  • 一度にアップロードできるのは200MB。200MB以上になる場合は複数回に分ける事を推奨
  • 原稿はモノクロ、カラー、どちらでもかまわない
  • 投稿時に縦読みにするか横読みにするか選択可能

ちなみに僕が投稿した漫画作品が下記のものです。

侵略!ルドム帝国魔物軍 - ジャンプルーキー!
ファンタジー系ギャグ漫画。 人間の国を侵略しようと、海岸にやってきた魔物だったが‥ ゆるーい内容なのでゆるーく読んでください。

マンガボックス

DeNAと元マガジン編集者の樹林氏が中心となって設立された漫画アプリです。

ようやくスマホが普及しはじめた2013年頃に、どこよりも先んじて漫画アプリをリリースしたのがマンガボックスです。

漫画アプリの老舗というワケですね。

マンガボックスには「インディーズ」というコーナーがあり、アマチュアの方々が描いたオリジナル漫画を読むことができます。

漫画を投稿するには会員登録をする必要があります。

登録後にログインをすると、まずはユーザーのアイコンとプロフィールを作るページにすすみます。

  • 画像の推奨サイズは縦1200×横800
  • ページ数に制限は無し
  • モノクロ/カラーどちらでもOK
  • 一度に投稿できるファイルサイズは35MBまで。
  • 投稿時に縦読みにするか横読みにするか選択可能

指定の画像ファイル形式は特にありませんが、JPEGやPNGであれば問題ないでしょう。

画像をアップロード後、プレビュー画面を表示されるのでどのように表示されるのかチェックしましょう。

チェックし問題なければ画面右上の「確認終了」を押しましょう。

comico

NHNが運営する漫画アプリ、それがcomicoです。

マンガボックスとともに、マンガアプリ黎明期から脈々と運営が続いている老舗です。

実写映画化やアニメ化した作品が他の漫画アプリと比較して多いのが特徴です。

Comicoで実写映画化・アニメ化した漫画

  • 「ReLife」
  • 「ナンバカ」

「チャレンジ」タブをクリックすると作品投稿をすることができます。

画面推移後、作品タイトルと作品の表紙を設定します。

次に作品ジャンルを選択できます。

ジャンルやコメントを許可するかどうかを決めた後、今度は原稿をアップロードします。

マンガハック

株式会社エコーが運営するWEB投稿サイトです。

読める漫画の大半が読者が投稿した作品で、読者が作者にたいして「投げ銭」という形で課金をしてくれるのが特徴です。

出版社とタッグを組み、自身の漫画を出版できるチャンスもあります。

マンガハックで漫画を投稿するには他のサイトと同様に会員登録が必要です。

登録後、画面右上にある「作品管理」ボタンを押し漫画を投稿できます。

  • 画像形式はJPG、PNG
  • 推奨画像サイズは特に無し
  • 画像容量は1MBまで
  • 作品の閲覧回数をリアルタイムで確認できる
  • 漫画投稿はPC版のみ。ただし、スマホでもブラウザ表示をPCブラウザ表示にすれば投稿可能

番外編:Twitter

近年Twitterに投稿された漫画が話題になることが多々あります。

そして出版社にスカウトされ書籍が発売されたり、雑誌連載につなったりします。

日本におけるTwitterのユーザー数は、世界トップラクスであり、他のSNSよりも利用している人間が多いのです。

なので単純にTwitterに投稿すれば、それだけ露出度が高まるワケです。

Twitterに漫画投稿をする方法

Twitterは一度に画像を4枚までアップロード可能です。

4コマ風に漫画を投稿している人もいれば、1枚ごとに1ページをアップロードしている人もいます。

僕のTwitterアカウントでも漫画を公開していますのでぜひよんでいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました