ヴィンランドサガがつまらないと言う奴ちょっとこい

漫画を楽しむ

こんにちわ!ヤマモト ケンタ(@wmwyk)です。

2019年にNHKでアニメが放送されたヴィンランドサガ。

15年前から読んでいる僕はすごく嬉しかった。

非常に面白いマンガですが、世の中にはつまらないという意見を持つ人もチラホラ見ます。

人ぞれぞれの感想を持つのは仕方ありませんが、正直ヴィンランドサガ愛を持つ人間にとっては許しがたいことです。

スポンサード リンク


ヴィンランドサガが面白くないと言う人に物申す

ヴィンランドサガは展開が遅い

ヴィンランドサガを読まなくなった人達が口をそろえて言うのが「展開が遅い」という意見だ。

作者が遅筆なうえ、作品自体のストーリー展開もノロノロダラダラしてると言いたいようだ。

なるほどなるほど。

ワンピースよりヴィンランドサガの方が面白いと思っている僕にとって、聞き捨てならない意見だ。 展開が遅いといっている奴ちょっとこい。

 

 

一理ある。

 

ヴィンランドサガは最初週刊マガジンで連載スタートしたが、作者があまりに遅筆のため月刊アフタヌーンに移籍した。

そんな背景があるからわかるように、作者は作品作りにやたらと時間をかける。

だから休載もよくある。 そのうえ農業編になってからは、戦争してた時とは真逆のゆっくりゆったり進行。

そらみんな遅いだなんだと言って飽きるわ。

正直、昔の僕も農業編になってからは「物足りない」と思っていたよ。

短剣2本で壁をよじ登ったりさー、バンバンぶった斬られる姿を読者は見たいんだよ。

だけど、単行本で何度も農業編を読んでいると、農業編の良さがわかってきて「つまらない」っていう感想は消えていった。

ヴィンランドサガがつまらねー! っていう人は単行本を買え。

そして何度も読みなおせ。

スルメのごとく、何回も味わっているとじわじわと良さがわかってくるからさ。

スポンサード リンク

ヴィンランドサガは農業やりはじめてからがつまらない

世間の読者「そうはいってもさ~農業編になってからつまらないよね」

 

あっ?

さっきオレがスルメのごとく何回も味わえば良さがわかると言ったのにいまだにつまらないと言うか?

ちょっとこっち寄れ。

 

 

わかる。

 

 

奴隷を経て故郷に帰り、今はギリシャに向かっている最中だけど、イングランド編の時のような面白さって感じにくいよね。

トルケルと再会したり、ガルムという無茶苦茶な戦闘狂が出てきてアクション漫画としての面白さを取り戻すかなと思ったがイマイチなにかが欠ける。

欠けたピースとは何か。

ハゲアシェラッドだ。

アシェラッドの存在は大きい。

イングランド編はアシェラッドを中心に話が進んでいたと言っても過言ではない。

デーン人かと思いきやウェールズ人との混血で、心の底ではデーン人を嫌っていたという展開は正直驚かされた。

ひよっていたクヌート王子もアシェラッドがいなければ覚せいすることもなかっただろう。

トルフィンが奴隷に落ちてからというもの、ヴィンランドサガは今ひとつ面白みに欠けてしまうのだ。

しかしだ、それでも何回も読み直せば農業編には農業編の、ギリシャを目指す今のストーリーにはそれ固有の魅力があることがわってくる。

再三言うがスルメのように何回も味わっていれば、魅力に気がつくことだろう。

だからつまらないだの展開が遅いだのという意見を一回しまってヴィンランドサガを読み直して欲しい。

まとめ

なんやかんや書きましたが、ヴィンランドサガはつまらなくありません。

農業編以降も面白いので、一回読むのをやめてしまった人はぜひ読み直して欲しいです!

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

当ブログ管理人のヤマモト ケンタです。
子供の頃にいじめにあい自己肯定感が低いまま育つ。
20歳の頃にから、あまりに消極的な性格を変えるためSNSを通じて人と会い、コミュ力を上げる努力をする。
2014年からは副業もはじめ、人脈作りと収入アップを目指す。
努力の結果、友達の数も収入もアップしたがどこか満たされない日々を送る。
そして遂には頑張ることがイヤになり、将来に絶望する。
そんな時に心理学セミナーのセンターピースと出会い、不安が嘘のように晴れる。
満たされなかった原因は、自分を追い込みすぎていたことだった。
同じように苦しんでいる人が晴れやかな気持ちになれるよう、自分の体験談を公開中。

ヤマモト ケンタをフォローする
漫画を楽しむ
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました