ヴィンランド・サガ1巻の感想まとめ【ネタバレ有・注意】

漫画を楽しむ

この記事を書いている人<ケンタ ヤマモト>

小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。それどころか、不安ばかりがつのり、次第には人生に絶望!…

そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかをプロフィール記事に書いています。ご興味ある方はぜひお読みください。

プロフィール
1986年生まれのB型、星座は牡牛座。 静岡県出身で今現在は神奈川県在住。 好きな言葉は「成長」とか「努力」とか「学び」です! ちょっと固い人だなと思ったでしょう? 自己啓発の話は好きですが、くだらないことも...(続きを読む)

今回はヴィンランド・サガ1巻の感想を紹介したいと思います。

「鬼○の刃」や「ワン○ース」よりも面白いと思っている漫画作品なので、しっかりと紹介していきたいと思います。

※記事タイトルにもあるようにネタバレを含みます※

ヴィンランド・サガ1巻のあらすじ

11世紀初頭のフランスから物語ははじまる。

フランスのとある地方でフランク族同士の小競り合いが発生。フランクの豪族同士が毎日毎日争っていた。

ヴァイキングの戦闘集団であるアシェラッド兵団はフランク族の片方に協力を申し出るため、兵団の中では最年少のトルフィンを、フランク族に使者として送り込む。

トルフィンは今回の見返りとして兵団の首領であるアシェラッドに決闘をすることを約束させる。

トルフィンはフランク族の豪族・ジャバザと交渉し、アシェラッド兵団が戦闘に加わり勝利したあかつきには戦利品の半分をよこすよう約束をさせる。

戦闘の相手となるフランク族の町は、背後を湖に囲まれており、アシェラッド兵団は湖から叩く戦略を考えていた。

その湖に至る川はさかのぼるにつれどんどん急になる滝があり、船での襲撃は不可能かと考えられていた。

翌日、アシェラッド兵団は船をかついで走りながら

船で川を渡れないのなら、船を背負って渡ればいい、という作戦だったのだ。

湖側の防御は手薄になっていたため、襲撃はあっさり成功。

アシェラッド兵団は町の中にあった戦利品は半分どころかすべてかっさらって戦場を後にする。

そしてトルフィンは戦闘の相手となっていた隊長の首をもってきて、見事アシェラッドとの決闘を実現させることになる。

フランクでの勝利をおさめたアシェラッド兵団は、拠点としているデンマークはユトランド半島にあるゴルムの村に帰ってきた。

ゴルムの村で、トルフィンとアシェラッドは約束のとおり決闘をすることになる。

アシェラッドはトルフィンの父・トールズを殺した人物で、トルフィンにとって仇となる人物だった。

今までアシェラッドとトルフィンは幾度も決闘をしており、その都度トルフィンはアシェラッドに負けていた。

アシェラッドはトルフィンの弱点を理解しているうえ、トルフィンは学習能力が無いのかいつも負けてしまっている。

今回の決闘もトルフィンは負けてしまい、落ち込んでいたところを女性の奴隷ホルザランドが話しかける。

ホルザランドは元貴族。村の領主、ゴルムに買われている奴隷だが毎回なにかしらのドジを踏んでしまいゴルムの怒りを買っていた。

ホルザランドはトルフィンに対し「君も奴隷なの?」と聞いてくる。トルフィンは奴隷ではなく戦士階級であり「奴隷の気持ちなんざ知るか」とののしる。

そしてホルザランドに「オレがあんただったらゴルムを頃しいぇ逃げる」と言う。ホルザランドは「殺すなんてそんな…」「水平線の向こうにもし戦もなくて奴隷証人もいない平和な国があるなら…」と嘆く。

トルフィンはその言葉を聞いて自身の幼少時代を思いだす。

時は10年前、トルフィンが6歳の頃。

トルフィンはアイスランドの家庭で生まれ育ったごく普通の子供だった。

船乗りであり探検家でもレイフ・エリクソンがヴィンランド(アメリカ大陸の事)までの冒険の話を聞き、自身もアイスランドを出て未知なる大陸へと旅立ちたいと考える。

トルフィンには父のトールズ、母のヘルガ、姉のユルヴァがいた。四人の家族は奴隷を買わずにいた。それはトールズが奴隷を買うのに反対していたからだ。

当時のヨーロッパでは奴隷を買うのは普通のことだった。なぜトールズは奴隷を買わないのか….?

ヴィンランドサガ1巻の総評

とにかく第1話のインパクトがものすごいです。

船を担いでやってくるヴァイキング、短剣2本だけで戦地に乗り込む主人公トルフィンの姿は圧巻です。

非常にオススメの漫画なのでまだヴィンランドサガ1巻を読んでいない人はぜひ読んでみてください。

◆他の単行本紹介記事◆

ヴィンランド・サガ2巻の感想まとめ【ネタバレ有・注意】
めちゃくちゃおもしろい歴史漫画「ヴィンランド・サガ」の単行本二巻の感想やあらすじを紹介していきたいと思います。 ※記事タイトルにもあるようにネタバレを含みます※ ヴィンランド・サガ2巻のあらすじ 主人公トルフィンが...(続きを読む)
ヴィンランド・サガ3巻のあらすじや感想まとめ!
僕がイチオシしてやまない名作漫画「ヴィンランドサガ」 何人かの友達にオススメしたところ、読んだ人たちは必ずめちゃくちゃ面白い!と声を揃えます。 そんな名作漫画のヴィンランドサガの3巻の内容を紹介していきたいと思います。 ...(続きを読む)
404 NOT FOUND | 不安が晴れるヒントがあるブログ
ヴィンランド・サガ5巻のあらすじや感想まとめ!
アフタヌーンで好評連載中の漫画「ヴィンランドサガ」 その5巻を無料で読む方法と、ネタバレ&あらすじ、そして感想をまとめていきたいと思います。 ヴィンランド・サガ5巻の内容 ラグナル死す イングランドの村で豪雪をや...(続きを読む)
ヴィンランド・サガ6巻のあらすじや感想まとめ!
アフタヌーンで好評連載中の幸村誠先生の漫画「ヴィンランドサガ」 その6巻を無料で読む方法を紹介と、ネタバレ&あらすじ、感想をまとめてみたいと思います。 トルフィンVSトルケル 5巻で内乱の結果、アシェラッド兵団は崩...(続きを読む)
ヴィンランド・サガ7巻のあらすじや感想まとめ!
僕が大好きな漫画作品「ヴィンランドサガ」 ネタバレありの単行本紹介記事も今回で7巻まできました。 今回も紹介の方にさっそくいってみましょう! ヴィンランドサガ7巻のあらすじ&ネタバレ 王冠に支配されるスヴェン...(続きを読む)
ヴィンランドサガ8巻のあらすじを紹介!【ネタバレ有】
中世ヨーロッパに実在した民族、ヴァイキングを題材にした歴史漫画「ヴィンランドサガ」 キングダムやワンピースなどと互角を晴れるパワーがある作品…のはずなのに、なぜか未だに話題になっていない漫画です。 そのヴィンランドサガの...(続きを読む)
ヴィンランド・サガ9巻がクッソ面白い!【あらすじ紹介】
ヴィンランド・サガの単行本を紹介する記事も9巻まで来ました。 とても面白いマンガ作品なので、もっと世の中に広まればいいよな~と思います。 それではコミックスの紹介について、さっそく言ってみましょう! ヴィンラン...(続きを読む)
404 NOT FOUND | 不安が晴れるヒントがあるブログ
ヴィンランドサガ11巻のあらすじを紹介!【ネタバレ有】
中世ヨーロッパでの生々しい戦争描写が魅力の漫画「ヴィンランドサガ」 戦争描写が魅力とは言いつつも、農業編もけっこう面白いです! では農業編の11巻を紹介していきたいと思います! ヴィンランドサガ11巻のネタバレ...(続きを読む)
ヴィンランドサガ12巻の内容を紹介!【ネタバレ有】
僕が超超超!気に入っている漫画「ヴィンランドサガ」12巻目のあらすじや、内容を紹介していきます。 ※ネタバレ含みますので、読みたくない人はブラウザバック※ ヴィンランドサガのネタバレ&あらすじ 逃亡奴隷ガルザル ...(続きを読む)

【PS.】

漠然とした不安、あなたは抱えていませんか。

一年も二年も、その先もずっと、ストレスのある人生を送ると考えるとウンザリしてしまいますよね。

今よりも軽減できたら、もっと良い人生が送れそうじゃないですか。

僕は、大きな絶望感を感じていた人間でしたが、心理学を学びました。

僕の経験談が他の人にとって最良の人生が送れるヒントになればなと思い、なにを学んだのかを記事にまとめました。

ご興味ある方は下記の記事をお読みくださいませ!

センターピースホームスタディコースについて【特典付き】
はじめに「あなたはビジネスで成功したいのですか?それとも人生で成功したいのですか?」犬飼ターボ著【CHANCE】より上記の言葉は「CHANCE」という小説の中に出てくるセリフです。25歳の時にはじめて「CHANCE」を読み、感銘を受けました

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
漫画を楽しむ
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました