フルキャストのアフィリエイトを扱っているASPはどこ?

アフィリエイト

こんにちわ!矢魔 賢多(ヤマ ケンタ)です!

フルキャストのアフィリエイトについて解説をしていきたいです。

フルキャストのアフィリエイトで成果を出す方法

フルキャストのアフィリエイトは、以下のASPで取り扱いをしています。

  • アクセストレード

「フルキャスト」というキーワードの検索意図を考える

商標キーワードである「フルキャスト」で上位表示を狙う場合、どのようなコンテンツを作ればいいのか?

フルキャストというキーワードを検索する人はなにを気にしているのでしょうか。

  • フルキャストってどういう会社なのか
  • 登録したら仕事紹介の電話がしつこくかかってくるって本当か
  • 給料はいつ振り込まれるのか
  • 派遣登録をするにはどうすればいいのか
  • 仕事が決まったが急遽休むにはどうすればいいか
  • 派遣登録はしたが登録を削除してほしい

探せば検索意図はまだまだ出てくるでしょう。

記事を作る時は検索意図を満たすコンテンツを用意すべきです。

検索意図に沿わない記事作成をしてしまうと読まれない記事ができあがってしまいます。

よく言われていることですが、まず検索意図に沿った記事を書かないとGoogleは上位表示に適した記事でないと判断してしまいます。

「フルキャスト」という1単語には、かなり数多くの検索意図が含まれています。

つまり検索意図が1つだけではないので、検索意図を汲み取るのが大変むずかしいのです。

なのでサジェストキーワードツールを使い、フルキャストのサジェストを調べます。

サジェストで調べると「フルキャスト きつい」「フルキャスト 大変」といったキーワードが出てきます。

この「フルキャストきつい」や「フルキャスト 大変」といったキーワードを元にコンテンツを作成します。

「フルキャストきつい」や「フルキャスト 大変」といった検索意図を満たすコンテンツとはどのようなものが適しているのか考えてみましょう。

【なぜユーザーは「フルキャスト きつい」や「フルキャスト 大変」を検索するのか?】

  • フルキャストはきつい大変と耳にしたが実際に働いてみた人の体験談を読みたい
  • 実際に働いてみてキツかったが、他の人はどうなのか知りたい

パっと思いつく理由(検索意図)は上記のようなものですね。

仕事系の「きつい」や「大変」とつくキーワードは、たいていが「実際のところ、本当にきつく大変なのか?」を知りたい意図が含まれています。

「実際のところ、本当にきつく大変なのか?」といった検索意図を満たすには体験談を書くのがベスト。

体験談を書くとなると、自分自身が体験していないと書けないと思われる方もいるかもしれませんが、外注を使えば自分が体験していなくても記事にすることができます。

読者となるユーザーは「誰かの体験談が知りたい」と思っているのであって、あなたの体験談を知りたいわけではありません。

「誰かの体験談」の「誰か」はブログ運営者自身でも良いし、外注を請け負ってくれる人でも良いんです。

あなたの体験談である必要性は、読者がブログ運営者の熱烈なファンの場合に限り出てきます。

運営者以外の体験談なんか読みたくない!と読者が思っていない限りは、他人が書いた体験談でも問題ないです。

僕はクラウドワークスで300文字程度の体験談を1人あたり10円で書いてもらっています。

1人あたり10円、300文字の体験談を大体30人くらいからかき集めます。

その集まった体験談を記事にはめこみ、上手い具合にユーザーのためになるように仕上げていきます。

フルキャストは大手と言うこともあり、働いたことがある人がかなり多く、ぶっちゃけどれだけ単価が安かろうがすぐに文章が集まります。

そしてその記事は上位表示が容易にできます。

まとめ

今回はフルキャストのアフィリエイトで成果を出すための記事(コンテンツ)作成について解説いたしました。

大事なのは「検索意図」を満たしさえできれば、どんな方法で記事を作ろうがOKということ。

どのノウハウがいいんだろうか?と気にしてしまう人がいっぱいいますが、ノウハウは手段です。

目的(=ユーザーの検索意図を満たす)に辿りつけるのであれば、どのノウハウ(検索意図を満たすための手段)でも問題ありません。

最後までお読みいただきありがとうございました

もし、面白いと感じていただけたようでしたら、はてブ、いいね、ツイートで情報をシェアして頂けるとすごく嬉しいです。ご協力、宜しくお願い致します。

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

当ブログ管理人のヤマモト ケンタです。
子供の頃にいじめにあい自己肯定感が低いまま育つ。
20歳の頃にから、あまりに消極的な性格を変えるためSNSを通じて人と会い、コミュ力を上げる努力をする。
2014年からは副業もはじめ、人脈作りと収入アップを目指す。
努力の結果、友達の数も収入もアップしたがどこか満たされない日々を送る。
そして遂には頑張ることがイヤになり、将来に絶望する。
そんな時に心理学セミナーのセンターピースと出会い、不安が嘘のように晴れる。
満たされなかった原因は、自分を追い込みすぎていたことだった。
現在は不安に悩まされている人を救いたいという気持ちから、コーチングをおこなっている。

ヤマモト ケンタをフォローする
アフィリエイト
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました