いじめられっ子になるのは家庭環境の影響なのか?

いじめ

この記事を書いている人<ケンタ ヤマモト>

小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、次第には人生に絶望!

そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかをプロフィール記事に書いています。
ご興味ある方はぜひお読みください。

プロフィール
1986年生まれのB型、星座は牡牛座。 静岡県出身で今現在は神奈川県在住。 好きな言葉は「成長」とか「努力」とか「学び」です! ちょっと固い人だなと思ったでしょう? 自己啓発の話は好きですが、くだらないことも...(続きを読む)

いじめられっこがいじめられてしまうのは、家庭環境が影響している場合があるという話がありますね。

家庭環境や両親の性格が、子供の人格形成に大きく影響するのは間違いないでしょう。

僕自身の学生時代を振り返ってみると、家庭環境が原因でいじめられていたなと感じることが多々あります。

今回はいじめと家庭科環境の関係性について触れていきたいと思います。

いじめられっこの親に共通の特徴はあるのか?

いじめられっ子の親の特徴として、以下のような特徴がよく挙げられます。

  • 子供の行動に口出しして制限する
  • 過剰なほどの心配性
  • 子供の考えを否定する

過干渉な家庭の子供は、気弱な性格になってしまい、いじめにあうケースがあるようです。

正直、僕の親は上記のどれにも当てはまりません。

どっちかといえば放任主義です。

母親は学校のことを色々聞いてきた思い出がありますが、父親はあまり聞いてこなかったなーと思います。

かわりに父親はゲーマーだったので、ゲームの話題はよくしていたと思います。

しかしそんな家庭でも、いじめにあってしまう子供はできあがってしまいます。

その子供が僕です。

まあ上記ケースに当てはまらないだけで、家庭環境は人格形成に大きく関わってくるので、大なり小なりいじめられる原因を作り出していたんじゃないかなと思います。

いじめられっ子の親にも原因はある

親になぜ原因があるのか、僕の家庭環境で説明しましょう。

僕の実家は父、母、姉、僕の4人家族です。

中二の時まで祖母がおり、祖父は僕が生まれる前に他界しています。姉は軽度の知的障害で、特別学級で生活しています。

そして僕自身も保育園に通っていた時は、軽度の知的障害とみなされていたようです。

しかし小学校入学直前に「この子は特別学級ではなく通常の学校に進んで問題ないです」と判断され、近所の市立小学校に進学しました。

上述したように姉は知的障害です。

同級生には知的障害の姉を持つことをバカにされましたね。

そして僕自身もバカなんじゃないか、知的障害なんじゃないかと気持ち悪がられました。

僕は僕で、保育園まで知的障害と疑われたことからわかるように、少し周りの子供とは違う奇異な行動をとっていました。

そのことが原因でいじめにあいました。

さらに母は正直学力が低く、簡単な英語を読むことすらできません。

実は発達障害なのでは?と疑ったこともありましたね~。

内弁慶な性格で、外にでるとコミュニケーションを取ることができないという性格。

母は気が弱く、家族以外の人間に意見を言うのが苦手で、息子である僕も似たような感じで他人に意見を言うのは苦手でした。

母のイヤな部分が、僕の人格形成に関係しているのは間違いありません。

振り返ってみると、母と僕は似たような性格だったなと思います。

ちなみに今は母と僕は似ても似つかない様な性格です。

ハッキリ物事を言えるようになりましたからね。

家庭環境は確実にいじめに影響していたまとめると、僕は母や知的障害の姉の影響から、いじめにあっていたと言えます。

母や姉のせいだとはいいません。

あくまで気弱で頭が悪い母、知的障害の姉がいる環境のなかで育った僕は、気弱な性格になってしまった、ということを言いたいのです。

ですから、僕がそんな環境の中でも強い人間になろうと考えていれば、学校でいじめを受ける事なんてなかったでしょう。

しかし、小学生の頃にそんな大人のような考えを持てるわけがありません。

この事からも、両親や家族の影響でいじめられっこになってしまうのは本当だと言えます。

親の影響はあるが親のせいにしてはいけないいじめられてしまう人間になってしまうのは、親や家庭環境が原因になってしまうケースは多いです。

誰かのせいにして、自分はなにもしないのでは成長できません。

僕もいじめられていたのは自分自身にも原因があるんだと思うし、そう思えたからこそ成長できたと感じます。

いじめについての関連記事

いじめられっ子はコミュ障のままではない!その理由を書く!
僕は子供の頃、いじめにあいコミュニケーション能力に自信がありませんでした。 いわゆるコミュ障です。 「いじめられっ子=コミュ障」というイメージは根強く、ネットを見回すといじめられてきたことでコミュニケーションに自信が持て...(続きを読む)
いじめられっ子の未来は幸せに満ちた人生にすることができる
当ブログでは僕がいじめにあってきたことを記事で紹介してきました。 今回もいじめについて僕の考えを書いていきたいと思います。 ネットを見回すと「いじめられっ子は幸せになれない」といったような言葉を見かけませんか? 僕...(続きを読む)
恋愛相談するのが恥ずかしい…という悩みが晴れた話
僕は昔から恋愛相談をすうのが苦手でした。 理由は過去のいじめ。 長いこと恋愛相談をすることが恥ずかしいと思っていた僕ですが、最近では相談をするのが恥ずかしいとは思わなくなりました。 なぜ恥ずかしいと思っていたことが...(続きを読む)

【PS.】

漠然とした不安、あなたは抱えていませんか。

一年も二年も、その先もずっと、ストレスのある人生を送ると考えるとウンザリしてしまいますよね。

今よりも軽減できたら、もっと良い人生が送れそうじゃないですか。

僕は、大きな絶望感を感じていた人間でしたが、心理学を学びました。

僕の経験談が他の人にとって最良の人生が送れるヒントになればなと思い、なにを学んだのかを記事にまとめました。

ご興味ある方は下記の記事をお読みくださいませ!

センターピースホームスタディコースについて【特典付き】
はじめに「あなたはビジネスで成功したいのですか?それとも人生で成功したいのですか?」犬飼ターボ著【CHANCE】より上記の言葉は「CHANCE」という小説の中に出てくるセリフです。25歳の時にはじめて「CHANCE」を読み、感銘を受けました

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
いじめ
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました