いじめられっ子高校デビューをはたす!【実は暗黒時代】

いじめ

ブログをお読みくださり、ありがとうございます!管理人のヤマモト(プロフィール記事はこちら→)です。

僕は市内で一番の底辺高校に通っていました。

偏差値は37ですよ…いかに底辺なのかがわかるだろう?(笑)

「タイムマシンがあったら高校生の頃の自分を殴りたい…」が口癖となっています。

まあ記事タイトルにあるとおり、高校デビューをはたしてはいるんですけどね。

僕のようにタイムマシンで過去の自分を殴りたいと感じている人は多いはず。

偏差値37の高校に進んだ男がの当時の生活ぶりを記事にしていきたいと思いまーす(え、興味ない?そう言わんと温かい目で読んでほしいっす)

頭が悪いいじめられっ子、底辺校に入学する

記事タイトルに【実は暗黒時代】などと書きましたが、ぶっちゃけ中学校や小学校も暗黒時代でした。

中学までいじめを受けていましたからね。

おまけに勉強ができない人間で、いつも授業内容にはついていけずにテストでは赤点。

成績表は低い評価が当たり前。

そんなんだったので、中学三年の時の担任から勧められたのが、市内一の底辺学校でした。

不登校やひきこもり、コミュ障、不良などなど。

やっべーぜ、ここは…

そんな言葉が思わずもれる。

とはいえ、一年の時にはいじめも無くなり、まあまあイイ生活を過ごしてましたよ。

僕が入った一年のクラスは、同じ中学から来ている人間がまったくおらず、0から人間関係を作ることになりました。

いじめを受けていて、まともに友達ができたことが無かった当時の僕は、人との距離を測ることができないウザイ奴でした。

その状況がプラスに働き、いじめが無くなったのです。

しかし、時間が経つにつれ、今までまともに友達ができた事の無い人間のボロが徐々に出るようになりました。

一度出来上がった人間関係は崩壊し、なかったことに。

自分自身でも「オレってやっぱゴミだな」などと自傷。

そんなマイナススパイラルが発生していた頃に、とある友人の家で遊んだオンラインゲームにハマりだします。

そのオンラインゲームとはFF11。

ファイナルファンタジーシリーズ初のオンラインゲームですね。

オンラインゲームにはまった自分は、だんだんと廃人になっていきます。

ここからが暗黒時代のはじまりはじまり…(笑)

卒業式までのいじめられっ子の日常

FF11をはじめたのは高校1年生の2月。

2月から高校卒業までの約二年間、オンラインゲームにどっぷりハマります。

高校デビューできたにも関わらず、結局ゲームばかりをする引きこもり生活になってしまいました。

アオハルって言葉があるじゃないですか。高校時代振り返ると、ゲームばっかするのをストップしてアオハルを満喫できるよう頑張ればよかったって思います…(笑)

小学校時代も中学校時代もいじめにあい、コミュニケーション能力が育まれなかった。

高校入学後に友達ができたのに、結局は育まれなかった。

そんな後悔があったからこそ、成人後に「10代よりも良い人生を送るぞっ!」と頑張りました。

以上、僕の高校時代に関する記事でした。

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
いじめ
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました