学生のころ暗黒時代だった…成人後も幸福感が無く辛かった

いじめ

この記事を書いている人<ケンタ ヤマモト>

小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、次第には人生に絶望!

そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかをプロフィール記事に書いています。
ご興味ある方はぜひお読みください。

プロフィール
1986年生まれのB型、星座は牡牛座。 静岡県出身で今現在は神奈川県在住。 好きな言葉は「成長」とか「努力」とか「学び」です! ちょっと固い人だなと思ったでしょう? 自己啓発の話は好きですが、くだらないことも...(続きを読む)

学生時代、みなさんは遊ぶ友達はいましたか?

当然じゃないか!とおっしゃられる人が多いかもしれませんが、僕にはあまりいませんでした。

中学時代なんて、三年間振り返ると一度も友達と遊んだ経験が無かったです。

プレイステーションが僕の友達だったわけですね(^^)

……なんて悲しい響きだろうか。

僕にとって、中学の頃はまさに暗黒時代だったわけです。

まあ、ゲームを遊んでた記憶が何もすべて悪い思い出だったわけでは無いんですけどね。

YouTubeでゲーム音楽を視聴しているとノスタルジックな気分になり、心が晴れやかになったりはします。

 

それに、大人になってから様々な行動をするための原動力にもなりましたしね。

どういうことかというと、20歳になった時ぐらいにそれまでのゲームばかりしていた怠惰な生活に嫌気がさし、もっと自分は成長させなければいけないと思い、積極的に学び成長することを心がけたのです。

10代の頃のようにはなりたくない、もどりたくない、と強く強く思いました。

キラキラしたような青春時代…って感じの思春期を過ごしておらず、ほんと蓋をしたくなるようなものになってたんですよね、僕にとっての10代って。

 

ドラマとか映画のような青春時代、と言わずとも、せめて普通の学生時代を送りたかったんですよね~。

友達と何気ない会話したり、意味もなくダラダラと話したり、プレイステーションも一人でもくもくとやるんではなく友達ともやりたかった。

 

そんな一人でゲームを遊ぶようになっていたのは、根本的に僕のコミュニケーション能力が低かったからです。

殻に閉じこもり、自分から人を遠ざけるような行動しかできませんでした。

10代の頃はそれでよかったけど、20代になってからは「そんな人間ではまともに社会を渡り歩けないだろう」と感じ、いろんなコミュニティーに顔を出しました。

人とどんどん交流することで、コミュニケーション能力が上がるだろうと思いました。

そして、仕事も人と触れ合う仕事を選びました。

時給が良いという理由で、接客業の経験ゼロなのにコールセンターで働き始めました。

接客業をしたことがないので、マナーとかも全然知らないし、人と話すことにコンプレックスがあり最初は大変でした。

 

しかし大変ながらも、自分で決めたことを放り投げることのほうが嫌だったので、ながいことコールセンターで働きました。

その結果、コミュニケーション能力を高めることができ、10代とは違う友達が多い環境を自分で作り出すことができるようになりました。

10代の頃はいじめにあってました、って言うと「そんなふうには見えない」と言われることがたまにあったのですが、嬉しかったですね。

10代とは違う感じの人間に成長するんだー!!と思って頑張ってたわけですからね。

 

しかし…そんな状況になったとしても、どこか満たされない感覚がありました。

何故かといえば、どれだけやってもやっても自分は成長しきっていないんだと感じていました。

なんていうか…まだまだ自分は上にいけるはずだと思ってたんですよね。

イメージとしては、どれだけ登っても頂上がまったく見えない山を延々と登っている感覚がありました。

 

岩だらけ、ぬかるみだらけの歩きにくい道を頑張って頑張って歩いて、けど、頂上が見えずに、疲れ果てる…

しかし!疲れ果てても、それでも頂上を目指すんだ!!!!

 

みたいな感じで、行動をしてたんですよね。

人に褒められたとしても、何かしらの結果が出たとしても、そこで十分だと思ってしまうと、成長できなくなると思って、満足をしたくなかったんです。

成長できなくなると、衰退がはじまり、10代の頃に逆戻りするのでは?という危機感が常に心にありました。

だから、頑張った割に幸せを感じてなかったんです。

 

さてさて、そんな人生に疲れ切ってしまていた僕ですが、今では疲労感に悩まされることは少なくなりました。

なぜなら、今の自分を認めてしまうと成長が止まる、という考えをやめたからです。

そもそも、認めたら成長が止まり衰退してっしまうというのがおかしい話なんです。

 

認めた途端に行動しなくなるわけではありませんし、認めた途端に性格が根暗になるわけではありません。

 

こういう、変な認識をしていることを心理学では「認知の歪み」と呼ばれています。

僕は心理学セミナーで「認知の歪み」という言葉を知り、自分がしていたことを認識しました。

そして歪んだ認知をし続けることをやめたあとは、満たされないとか幸せを感じないとか、そういう状況にはならなくなりました。

 

素直に自分を認め、素直に自分を素晴らしいと思えるようになったのです。

頑張ってるわけですからね(笑)

がんばった分、自分を褒めて良いんですよ。

認知の歪みが解決されると、幸福感を感じられます。頑張ってるのに、強い疲労感を持っている人は、僕とおなじように認知の歪みをもっているのかもしれません。

 

僕が解消した方法は、下記で紹介している心理学セミナーでした。ぜひ興味ある人は、下記文章をお読みください!

今回、記事中で紹介した内容はセンターピースという心理学セミナーで学んだものとなります。

僕はセンターピースを学ぶことでだいぶ心の負担が軽減されました。

あなたが苦しんでいるようであれば、センターピースの「崖ルートチェック」という心理テストがLINEでできますので是非やってみてください。

もちろん無料でテストができます。

テストの診断後に、動画でセンターピースのさわりの部分を学ぶことができるのでそちらも是非視聴してみてください。

動画視聴後にセンターピースを本格的に学べるホームスタディコースの案内があります。

もし、受講する!となったら紹介コードを入力してみてください。お得に受講できます(笑)

紹介コード 08yamaken

不安を晴らすために学んでみましょう!

無料の心理テストを受講してみる>>

 

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
いじめ
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました