冷めた性格を直したい…と思った人に伝えたいこと

不安を感じていた体験談

ブログをお読みくださり、ありがとうございます!管理人のヤマモト(プロフィール記事はこちら→)です。

僕は、たまに自分のことを「冷めた性格をしているんじゃないか?」と感じることがあります

映画を見ても泣くことが無いし、多くの人が涙を流すような話を聞いても涙を流しません。

人がなぜ感動しているのか?という理由はわかるんです。

そりゃ泣きたくなるわな、と理解はできるし、泣いている人を見て「弱虫め!」などと思うこともありません。

だけどなぜか泣けない。

そして、他の人が「寂しい…」と言っている場面でも、「そうか?」と共感できません。

もう自分で書いてて、なんて冷徹な人間なのだろうか…とか思っちゃいましたね(笑)

 

しかし、こんな僕でも寂しいと感じる時が実はあります。

寂しいと感じる時のパターンと寂しさを感じないパターンがあることを発見したのです。

この記事は、僕が気づいた心理法則を読んでいただき、「冷たい性格を直したい…」と悩んでいる人の心が少しでも安らいでほしいなと思い、書き進めていきたいと思います。

冷めた性格を直したいと思った時の対処法

まず結論として、例外を見つけ出すと心が軽くなります。

 

例外というのは、「自分は性格が冷めている」と思った時に「そうでない時はあったか?」と自分の行動を振り返るのです。

「自分は性格が冷めている」という言い方は、まるでいつも冷たいように見えます。

しかし、「冷めていない時はあったか?」と考えると、「冷めていない時ってあるな…」と、例外が見つかります。

つまり、自分はいつも冷めている性格では無いんだ、ということがわかるわけです。

 

僕の事例を用いて、もう少し具体的に解説してみましょう。

自分は冷めた性格なんじゃないか?と僕自身が思ったのは、5月に心理学セミナーでスタッフをやっていた時のことです。

コロナ禍の中でのセミナーだったので、直前のキャンセルがあり、参加者が想定したよりも数少ない状態でした。

参加者はだいたい20人くらいで、セミナー中は3人で1組に組んでわかれます。

そして、わかれたチームごとにスタッフが分かれて、まとめる役をやることになります。

 

20人が3人1組にわかれるので、チームは7チームになりました。

しかしスタッフの数は8人。

つまりスタッフが1人余るのです。

で、その余ったスタッフというのが実は僕だったのです。

スタッフとして参加したのに、僕は会場の隅でポツンと座っていたのです。

 

セミナーが終わった後に、主催者から「寂しく無かった?」と聞かれてました。

で、僕は「仕方無ないですよ。そもそもスタッフとして参加したので、こういうこともあるかと」と答えました。

 

正直、寂しいという感覚がよくわからないなと思ったんですよね、その時。

だから、僕は自分のことを「冷めた性格しているんだなと思いました。」

 

しかし、ふと「寂しくなった時にあったな」と例外的な場面もあることに気づきました。

 

友達の飲み会に誘われなかったとき…

楽しそうに旅行をしている人達を見た時…

自分だけ誕生日のお祝いメッセージが少なかった時…

褒められることがなかった時…

 

寂しい感覚がわからないときなんてなかったのです。

そして「あの人、寂しいと感じているんだろうな」と察して、自分から話しかけるというときもありました。

 

どうやら、僕は仕事やボランティアスタッフなら、いっけん寂しい状況でも、その状況に納得に平気でいられるようです。

それに気づいてから、僕の気持ちは少し軽くなりました。

 

ここまでの内容とまとめると、以下のようになります。

  • 「自分は冷めた性格だな…」と思ったら、例外を見つけてみる。
  • 例外の見つけ方は「そうでない時はあったか?」を、一度考えてみること。
  • 「あの時は冷めた反応をしなかったな」といった例外が見つかると、心が軽くなる。

 

僕自身は、例外が見つかったことにより「思ったほど冷めた奴ではないんだな~」と、自分を愛おしく感じました(笑)

そして、そう思えるとガッカリしていた気持ちも、癒やすことができますし、自信を取り戻すこともできます。

 

この記事がタメになった、面白いと感じたら幸いです。ぜひSNS等で、シェアしていただければ幸いです!!

今回、記事中で紹介した内容はセンターピースという心理学セミナーで学んだものとなります。

僕はセンターピースを学ぶことでだいぶ心の負担が軽減されました。

あなたが苦しんでいるようであれば、センターピースの「崖ルートチェック」という心理テストがLINEでできますので是非やってみてください。

もちろん無料でテストができます。

テストの診断後に、動画でセンターピースのさわりの部分を学ぶことができるのでそちらも是非視聴してみてください。

動画視聴後にセンターピースを本格的に学べるホームスタディコースの案内があります。

もし、受講する!となったら紹介コードを入力してみてください。お得に受講できます(笑)

紹介コード 08yamaken

不安を晴らすために学んでみましょう!

無料の心理テストを受講してみる>>

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
不安を感じていた体験談
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました