不登校は甘えだが仮病をする人はダメ人間ではないよ

ブログをお読みくださり、ありがとうございます!管理人のヤマモト(プロフィール記事はこちら→)です。

本日は当ブログ(ウェブマンガワーク)にお越しいただきありがとうございます。

このブログでは僕が小学生~中学生の頃までいじめにあっていた、という内容の記事を公開しております。

不登校児でもあり、よく仮病で休んでいました。

なので「不登校」の話題にも自然と目が向きます。

「不登校」の話題の中でもよく見かけるのが「不登校は甘え」という内容。

不登校をしている本人からしてみれば、苦しんでるからこそ不登校なのであり、「甘えている」という意識は無いでしょう。

不登校ははたして本当に甘えなのか、そうではないのか?という事について、記事を書いていきたいと思います。

  • 現在不登校で親や教師から心配されている
  • 過去、不登校で自分自身をダメだと感じている方

該当する方にはぜひ読んでいただきたい記事です。

不登校で逃げていました

他の方はどうかは知りませんが、少なくとも僕は「甘え」で不登校になっていました。

いじめにあっていた当時、僕はよく学校を仮病で休んでいました。

完全な不登校というわけではなく、学校に行く時もあれば行かない時もあるといった感じ。

学校には行きたくない、だが学校に行かなければ親も先生もうるさいから行く。

どうしても苦しくてイヤな時には登校を拒否る。

そんな感じの子供でしたね。

不登校している人間でも変化していけばいいんだよ

「不登校なんてズルイ!卑怯者め!」

「そんなイヤなことから逃げてたら社会で生きていけないよ」

などと批判を受けていることでしょう。

あるいは過去にそういった批判を受けて、「自分はダメ人間なんだ」と自分を蔑んでいる人もいることでしょう。

自尊心がいちじるしく低く、傷ついていませんか?

悪いと思っているなら反省しましょう。

反省したうえで未来に目を向け生きていきましょう。

あなたは卑怯者と呼ばれたまま、生きていきたいですか?

それとも違う生き方をしたいですか?

『過去どう生きてきたのか?』よりも『未来はどう生きてきたいのか?』という視点を持ち、明るい人生を送れるのではないかと思います。

過去に起きてしまったことを変えることはできませんが、未来は変えられます。

そもそも「不登校をしてしまったこと」があなたのすべてではないはずです。

あなたは様々な要素を併せ持っている人間。

他の部分を見れば素晴らしいとこらがあるかもしれません。

また、自分を変えようと考えているのであれば、その変えようとする努力は素晴らしいものであり、意欲をもったこと自体が素晴らしいものだと考えてみましょう。

自分を肯定することでやる気は出てきますし、人生を変えていく力にもなります。

【まとめ】

不登校をしてしまったこと自体は悪いことかもしれない。

しかし、不登校をしたことで自分のすべてが決まるわけではなく、他にもいいところがあるはず。

不登校をしてしまった自分を変えたいと思うのなら、変化できるようにドンドン行動をしてきましょう!

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
心理学セミナーを受講し、次々と不安を解消!
「不幸の星の下に生まれた…と思ってたが今は幸せだ!」と感じながら生きてます。
それもこれも、セミナーを受けたからです。
当ブログでは何を経験し、不安解消にいたったのか書いています。
現在進行系で不安をかかえてる人にとって何かしらのヒントになれば良いなと思ってます。
更に詳しい記事については、下記のプロフィール記事をお読みください!
管理人のプロフィール!

ヤマモト ケンタをフォローする
いじめ
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました