恋愛相談するのが恥ずかしい…という悩みが晴れた話

自己肯定感

こんにちわ!ヤマモト ケンタ(@wmwyk)です。

僕は昔から恋愛相談をすうのが苦手でした。

理由は過去のいじめ。

長いこと恋愛相談をすることが恥ずかしいと思っていた僕ですが、最近では相談をするのが恥ずかしいとは思わなくなりました。

なぜ恥ずかしいと思っていたことができるようになったのか?

今回は僕の経験談を書いていきたいと思います。

恋愛相談するのが難しいと感じていました

今までいじめにあっていたことを記事にしましたが、その記事内でも語っているように女子から毛嫌いされていました。

その頃の経験があるせいで、女性に対して自信がもてませんでした。

自分は女の子に受け入れてもらえない。どうせ拒絶される…

二十歳を過ぎてから、いじめられるようなこともなくなり女性とも友達になることは多々ありました。

だけど恋愛となると勇気がいりました。

僕は「受け入れてもらえなかった」という経験があるせいで、他の人よりもハードルが高かった。

どれだけ身なりを整えようが、どれだけコミュ力を上げようが、ブレーキがどうしてもかかる。

「受け入れられなかったらどうしよう….」

「どうせ自分なんてダメだ」

「今まで通りの友人関係がくずれるのはイヤだ」

そんな言葉が頭をよぎります。

いじめられていた子供時代と、いじめられていない今とでは違う、そんなことは頭でわかっていても心は止めようとしてくる。

そんな日々をおくっていました。

なので誰かに恋愛相談をする、といったことも怖くてできませんでした。

そりゃ誰かを好きになることは何回かありました。

しかしそういう時に、たとえ相談できそうな親切な友人がいたとしてもできなかった。

なぜなら、自分のひどい部分があらわになりそうだから。

ひどい部分とは…

  • 自分は異性に対しての魅力がない
  • あまりにも少ない恋愛経験
  • 恋愛経験が少ないがゆえに、そんなことも知らないのかとバカにされないか

恋愛相談をしたら、上記のような部分をさらけ出しそうで嫌でした。

もしあらわになったら、恥ずかしいとか、自分を情けなく思っていたでしょう。

【関連記事】褒められてるのに嬉しくない原因を知ってビックリした話

恋愛相談できない悩みが晴れた

しかし冒頭でも書いたように、今の僕は恋愛相談をするのが恥ずかしくなくなりました。

それに気づいたのは、電車の中でふと友達夫妻に恋愛相談をしようとしたのがきっかけ。

その友達夫妻とは何年も付き合いがあり、お互いのことをよく知っている仲でした。

しかし、今まで僕から恋愛相談を持ちかけることなど一回も無かった。

上述したひどい部分があらわになり、恥ずかしい気分を味わいそうだったから。

なのに恋愛相談をしようとしたのは、僕の捉え方が変わったからです。

変化した捉え方とは….

  • 起きていない未来の出来事にビクビクするのはやめよう
  • そもそも本当に友人は僕を見てヒドイと思うのか?
  • 相談したら自分は恋愛面において成長するかもしれないと思えた

この中で大きかったのは「そもそも本当に友人は僕を見てヒドイと思うのか?」と疑問を投げかたことです。

もう10年以上前の話になるんですが、中学から付き合いのある友達がいました。

上述した友人夫妻とは別の友達です。

その友達に恋愛相談をすると「お前みたいな根暗が告白しても成功するわけない」とか「どうせムリ」といった言葉を返されました。

しかもいじめられていた当時の僕を知っているので、その時のことを引き合いに出しては否定的なことばかり言ってくるんですよ。

このような経験から自分の中で「友達に恋愛相談をしても恥ずかしい思いをする」という方程式ができあがったように思います。

これに気がついた時はかなりしっくり来ましたからね(笑)

あと「相談したら恥ずかしい思いをする」というネガティブな面に目が行きがちだったことにも気がつけました。

光が当たれば影ができるように、物事にはポジティブな面とネガティブな面があります。

影ばかり見ている自分に気が付き、光を見ようとしました。

そして昔の友達と今の友達とは違うわけですから、違う返答も来るだろうと、これまた光を見ました。

恋愛相談ができるようになったのは、捉え方が変化したためです。

もう少し付け加えるなら、自分をねぎらうようになったことも要因のひとつですね。

少しでも前進しようと考えられている自分は、偉いじゃないかと認められるようになりました。

昔は結果がすべてだと思っていたので、どれだけ行動に移していても結果が出ていなければ意味ないじゃないかと思っていました。

恋愛についてであれば、例えば出会いの場に行ったとしても、連絡先を1つもゲットできないんであれば「オレって結局モテないダメなヤツだな」と自分をいじめていました。

今は「貰えはしなかったが、行動にうつしたのだから自分は偉い」と行動できたことをねぎらいます。

恋愛相談することだって、「相談したって結果につながるような行動に結びつかなければ意味がない」などと思っていましたが、今は「相談してヒントが少しでも見つかればいいな」と思っています。

そしてそんな変化できた自分をねぎらいます(笑)

正直書いてて恥ずかしいと感じる内容もあるが、記事にして残そうとしている自分はなんて素晴らしいんだ(笑)ねぎらいのスパイラルが起きてますね

今回、記事中で紹介した内容はセンターピースという心理学セミナーで学んだものとなります。

僕はセンターピースを学ぶことでだいぶ心の負担が軽減されました。

あなたが苦しんでいるようであれば、センターピースの「崖ルートチェック」という心理テストがLINEでできますので是非やってみてください。

もちろん無料でテストができます。

テストの診断後に、動画でセンターピースのさわりの部分を学ぶことができるのでそちらも是非視聴してみてください。

動画視聴後にセンターピースを本格的に学べるホームスタディコースの案内があります。

もし、受講する!となったら紹介コードを入力してみてください。お得に受講できます(笑)

紹介コード 08yamaken

不安を晴らすために学んでみましょう!

無料の心理テストを受講してみる>>



センターピースの関連記事

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

当ブログ管理人のヤマモト ケンタです。
子供の頃にいじめにあい自己肯定感が低いまま育つ。
20歳の頃にから、あまりに消極的な性格を変えるためSNSを通じて人と会い、コミュ力を上げる努力をする。
2014年からは副業もはじめ、人脈作りと収入アップを目指す。
努力の結果、友達の数も収入もアップしたがどこか満たされない日々を送る。
そして遂には頑張ることがイヤになり、将来に絶望する。
そんな時に心理学セミナーのセンターピースと出会い、不安が嘘のように晴れる。
満たされなかった原因は、自分を追い込みすぎていたことだった。
同じように苦しんでいる人が晴れやかな気持ちになれるよう、自分の体験談を公開中。

ヤマモト ケンタをフォローする
自己肯定感
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました