「頑張る」事をやめた経験談!もう努力しません

自己肯定感

この記事を書いている人<ケンタ ヤマモト>

小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。それどころか、不安ばかりがつのり、次第には人生に絶望!…

そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかをプロフィール記事に書いています。ご興味ある方はぜひお読みください。

プロフィール
1986年生まれのB型、星座は牡牛座。 静岡県出身で今現在は神奈川県在住。 好きな言葉は「成長」とか「努力」とか「学び」です! ちょっと固い人だなと思ったでしょう? 自己啓発の話は好きですが、くだらないことも...(続きを読む)

2016年頃、YouTubeで本田健のラジオをよく聴いていた。

動画はいくつかあるのだが、印象に残ったものとして「頑張る必要は無い」という話がある。

動画の内容を要約すると「運命は頑張る必要は無いんですよ。選ぶだけで良いんですよ」という物。

【以下ラジオの内容を抜粋】

パーソナリティー

「(リスナーから送られてきた質問を読み上げる)健さんこんにちわ。

健さんの本のなかで『時間は未来から流れている。努力をすることなくただ選ぶだけ』と書いてありましたがただ選ぶという感覚がわかりません。

努力せず何もしないでいたら、人生が変わらない気がします。どうしたら未来から流れてくる時間を選べますか?」

本田健

「努力をしないのと何もしないのは違うんですよ。僕は努力はしてはいないですけど、めちゃくちゃいっぱいやってるんですよ」

「けどそれを苦しんで頑張ってやってるワケじゃあないんですよ」

「これ、英語で書いちゃったらどうなるんだろうな~、とかドキドキしながら楽しみながら本を書いているんですよ」

「楽しんでやっているから周りの人達が(本田健の本の出版などを)手伝わせてほしいって言ってどんどん協力者が増えていく。だから摩訶不思議なことに頼るわけじゃなくってそっちの方に歩いていったらそっちの方に出会えるようになってるんですよ」

引用元:本田健公式チャンネル

スポンサード リンク

この「頑張る」と「選ぶ」という意味合いを以下のように解釈した。

  • 「頑張る」というのは無理しながら顔を真っ赤にし行動すること
  • 「選ぶ」というのは自分が選択したい未来に向かって楽しみながら行動すること

行動はするけど、無理して動くのではなく楽しいと感じる事を数多くこなす。

これが本田健のいうところの「選ぶ」という事だろうと解釈した。

そして自分も副業を「頑張る」のではなく「選ぶ」ようにしよう!

そう感じ「選ぶ」ようにした。

しかし!

結局顔を真っ赤にしながら「頑張る」ことをしていた。

それもそのはず。

副業(アフィリエイト)を以下のような流れでこなしていた。

  1. どういったタイプの人間をユーザー(客層)にするかを考える
  2. そのユーザーが何を求めてるのか考える。
  3. そのユーザーに刺さりそうな言葉を考える。

全部やったことがないような作業で、慣れない事の連続。

楽しさを見出すこともあったが、正直しんどいなと感じることもあった。

自分では「選んでいる」つもりだったが、結局は「頑張る」ようになっていた。

その結果、燃え尽き症候群のような感じになっていた。

いつまで続けなきゃいけないんだ?もうしんどいわぁ…

そんなときに犬飼ターボさんのセミナーセンターピースに参加。

センターピースを受講し、顔を真っ赤にすることが少なくなった。

「頑張る」ことがやめられたのだ!

なぜかといえば、僕は行動した時に自分を責める習慣があったことに気づいたから。

どれだけ行動をしても自分はまだまだな存在なんだと卑下し、より高い頂(いただき)に登るようにたきつける。

スポンサード リンク

ずっと自分をしかりつけてる感じ。

自分を追い詰めることで行動につなげていく、っていうのは一般的な考え方だと思う。

しかしその追い詰めていたことで「選ぶ(=楽しみややりがいを感じながら行動する)」ことをせずに「頑張る(=顔を真っ赤にし歯を食いしばりながら行動する)」ことを続けてしまっていた。

僕は「自分を追い詰め、卑下し行動に繋げる」という心の習慣をやめたことで「頑張る」ことを辞められた。

まあ、自分を追い詰めなければいけない状況というのは出てきてしまうので、そういう時は頑張ることもある。

しかし顔を真っ赤にし歯を食いしばりながら行動する回数は減りました。

僕と同じように自分を追い詰めることで頑張ったけど、心に負荷がかかりまくっている人は、ぜひ心の習慣(=自分を追い詰めること)を変えてみてください。

そして「顔を真っ赤にし歯を食いしばりながら頑張る」ことから「自分をやりがいを感じ楽しめるように物事を選ぶ」ようになればだいぶ楽になりますよ。

今回、記事中で紹介した内容はセンターピースという心理学セミナーで学んだものとなります。

僕はセンターピースを学ぶことでだいぶ心の負担が軽減されました。

あなたが苦しんでいるようであれば、センターピースの「崖ルートチェック」という心理テストがLINEでできますので是非やってみてください。

もちろん無料でテストができます。

テストの診断後に、動画でセンターピースのさわりの部分を学ぶことができるのでそちらも是非視聴してみてください。

動画視聴後にセンターピースを本格的に学べるホームスタディコースの案内があります。

もし、受講する!となったら紹介コードを入力してみてください。お得に受講できます(笑)

紹介コード 08yamaken

不安を晴らすために学んでみましょう!

無料の心理テストを受講してみる>>

センターピースのホームスタディについては下記の記事にて詳細に解説しています。

センターピースホームスタディコースについて【特典付き】
はじめに 「あなたはビジネスで成功したいのですか?それとも人生で成功したいのですか?」 犬飼ターボ著【CHANCE】より 上記の言葉は「CHANCE」という小説の中に出てくるセリフです。 25歳の時にはじめて「CHANC...(続きを読む)
センターピースの関連記事について
センターピースの内容や受講に向いている人について
この記事は 「もっと楽に生きたい!」 「頑張り続けるのに疲れてしまった」 そんな人を対象に書いています。 僕は2018年のセンターピースに参加し、だいぶ生き方に変化が起きました。 センターピース受講後に...(続きを読む)
犬飼ターボさんのセミナー・センターピースに参加!
2018年2月17日の土曜日、品川であった犬飼ターボさんのセミナーに参加してきました。 参加した結果、めちゃくちゃよかったので、感想などを書いていきたいと思います。 ちなみに… センターピースの「崖ルートチ...(続きを読む)
センターピースを学ばなかったらどうなっていたのか?
みなさんこんにちわ。WEB漫画家のヤマケン(@webmangawork)です。 当ブログで度々名前のでるセンターピース。 僕は受講してだいぶ生き方が楽になれましたが、もし受講していなかったらどうな...(続きを読む)
階段ルートと崖ルートの違いとは?
こんにちわ!矢魔 賢多(ヤマ ケンタ)です!。 当ブログで何度か紹介しているセンターピース。 生きづらさを感じている人たちを対象に「階段ルート」という心理学を伝えています。 「階段ルート」と...(続きを読む)

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
自己肯定感
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました