自分の行動に達成感を感じられない人に勧めたい方法紹介!

自己肯定感

ブログをお読みくださり、ありがとうございます!管理人のヤマモト(プロフィール記事はこちら→)です。

現在僕は出版社に投稿するためのポートフォリオを作成しています。

作ると決めたのが10月7日で、完成予定が10月14日、そして10月22日までに出版社に投稿する予定でした。

しかし….

忙しくてポートフォリオが作れん!!

結局、時間がなく完成までに至りませんでした。

ポートフォリオ用のイラストは作れたんですけどねぇ…。

今までポートフォリオって作ったことがなく、調べてみました。

するとイラストの他にどのような道具を使ったのかだとか、どういう考えをもって描いたのかなど、文章を添える必要があることがわかりました。

なので文章を考える必要があるんですが、これが一苦労でね….。

完成ができない!=達成感を得られない!

上述のようにポートフォリオ完成までに至りませんでした。

完成までに至らなかったわけですから、自分の中では十分な達成感を得られるような結果ではありませんでした。

しかしある日、このポートフォリオを作ろうとしたことを人に話すと、もっと達成感を感じてもいいんじゃないかと言われました。

ポートフォリオを作ろうとしたんだけど完成に至らなかったんだよねぇ。

そうやって行動を起こそうとしただけでも立派じゃないですか!

うーん、言われてみればそうかも(笑)

絵は描いたんですよね。その描く中で新たな発見や気づきはなかったんですか?

そうですねぇ。本屋に行って立ち読みしながらどんなイラストが掲載しているのか調べてみたんですが、様々なタッチがあるんだなということがわかりましたね。

その中にはシンプルなイラストも載っていて、正直こんなかんたんな絵でもいいんだという発見がありましたね。

そういう発見があっただけでもすごいじゃないですか!他にはなにか気づいたことってあります?

他ですか。僕はクリップスタジオというペイントソフトを使って絵を描いているんですが、今まで使ったことのない機能を使って絵を描きました。使うことで表現の幅が広がったように思います。

そういう意欲があることも素晴らしいし、表現の幅が広がったっていうのも素晴らしいじゃないですか!

確かに!ありがとうございます(笑)

今回のポートフォリオを作成する行動に点数をつけるならば30点ぐらいだったのですが、この会話を経て50点で評価してもいいかなと思い直しました。

結果だけでなく過程を見ることで達成感を感じることはできる

今回のエピソードを経て気づいたのは、結果だけではなく過程も見ることで達成感を得ることができるということです。

満足できる結果にならなかったとしても、行動をしていくなかで得た気づきや発見に目を向ける。

そうすることで、成長していることや大きな発見があるかもしれません。

達成感を得ると自分に自信が持てるし、気分も上がります。

もし自分がなにか目標を持って行動をしたにもかかわらず、満足いく結果にならなかった場合は過程を振り返り気づきや発見が無かったか確認をしてみましょう!

【2020年7月追記】

いいこと書いてますね(笑)

ポートフォリオは結局作らないままです。

しかし上記にも書いたように結果がイマイチ(=結局作らなかった)だったとしても、取り組んだ意欲を認めているので楽に生きられています。

「結果がすべて」と思っている人にとっては、逃げ腰にも思える内容かもしれません。

ただ実は「結果がすべて」と考えるより「過程も大事」と考え、結果出ずとも過程を経験できら自分を認めると自己肯定感が高まります。

関連記事:自己肯定感は高めるには今の自分を褒めれば向上する!


今回、記事中で紹介した内容はセンターピースという心理学セミナーで学んだものとなります。

僕はセンターピースを学ぶことでだいぶ心の負担が軽減されました。

あなたが苦しんでいるようであれば、センターピースの「崖ルートチェック」という心理テストがLINEでできますので是非やってみてください。

もちろん無料でテストができます。

テストの診断後に、動画でセンターピースのさわりの部分を学ぶことができるのでそちらも是非視聴してみてください。

動画視聴後にセンターピースを本格的に学べるホームスタディコースの案内があります。

もし、受講する!となったら紹介コードを入力してみてください。お得に受講できます(笑)

紹介コード 08yamaken

不安を晴らすために学んでみましょう!

無料の心理テストを受講してみる>>

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
自己肯定感
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました