エヴァの呪縛は庵野監督自身にかかっているという皮肉

エヴァンゲリオン

ブログをお読みくださり、ありがとうございます!管理人のヤマモト(プロフィール記事はこちら→)です。

映画を視聴したばかりというせいか、3記事立て続けにシン・エヴァンゲリオンの記事でございます。

↓今まで書いてきたエヴァ関連の記事↓

庵野「エヴァンゲリオンから現実に帰れ!」ワイ「今更?」
いやー、見てきましたよ「シン・エヴァンゲリオン」 過去の記事でも書いたように、僕はエヴァンゲリオンがなければ今の人生はなかっただろうなとも思うくらい、エヴァには多大な影響を受けています。 ただし!影響を受けたのは旧エヴァ...(続きを読む)
エヴァの旧劇場版と新劇場版について思うこと!
前回の記事にてシン・エヴァンゲリオンを見てきた率直な感想を書きました。 で、今回は旧劇場版とシン・エヴァンゲリオンを比較するというテーマで記事を書こうと思います。 旧劇場版に比べてシン・エヴァンゲリオンってどうなんだろう...(続きを読む)

シン・エヴァンゲリオンの劇中内において、アスカやマリといったエヴァパイロットは「エヴァの呪縛」というのにかかっており不老の体になってしまいました。

一方でエヴァパイロット以外は普通に年齢を重ねているため、トウジやケンスケ、ヒカリらはすっかり大人になってしまいました。

シン・エヴァンゲリオンのテーマの一つに成長があると思うんですが、エヴァの呪縛というのはそのテーマを体現するための設定なんだろうなと思います。

つまり、いつまでも子供の体でいる人々と普通に大人になっていく人々を対比させることによって、エヴァの呪縛にかかっているキャラクター達の成長を描こうとしているんだろうなと思います。

振り返ってみれば、エヴァパイロット達は過去のことばかり気にしていました。(レイやマリは除く)

自分のしでかしたことに重い責任を感じているシンジや、そのシンジに対して過去のことをグチグチと恨みを込めて文句を言うアスカ。

一方でトウジやケンスケ達は、未来に目を向けながら生きていこうと描写されていたように思います。

 

エヴァの呪縛には隠されたメッセージもあると思います。

どういう子とか言うと、エヴァに今までハマってきたファン達を暗喩しているのが「エヴァの呪縛」なんだろうなと思います。

ストーリー終盤で、旧劇場版で流れていた映像が流れたり、シンジが「さよなら、すべてのエヴァンゲリオン」というセリフを言っているのを見ると、庵野監督からの隠されたメッセージが「エヴァの呪縛」には込められているんだろうなと思うんです。

「エヴァはもうこれで終わりなので、もう続編とか期待しないでください。呪縛から解き放たれてください」

みたいなことを、庵野監督は言いたいんじゃないかなと思います。

 

しかしですね、庵野監督はエヴァの呪縛からおそらく死ぬまで解き放たれないんだろうなと思います。

だって、25年以上続くシリーズを作り上げた人ですもの。

富野監督が色々作ってきたにも関わらず、結局はガンダムの人にされたり、宮崎駿監督も何度も引退宣言出してたのに、結局ジブリで長編アニメを作っているところを見ると、今後もエヴァの呪縛からは逃れられないんじゃないかなと思います。

ちなみに、「名探偵エヴァンゲリオン」や「ぷちエヴァ」といったゲームや漫画は庵野監督が知らないところで勝手に作られていたようです。

つまり、庵野監督が呪縛から解き放たれたくても、外野がエヴァコンテンツを消費しようとする限り、呪縛からは逃れられないと思います。

おそらく呪縛から逃れるためにシンウルトラマンやシン仮面ライダーとかを作ってるんでしょう。

今までにもシュガシュガルーンやカレカノなど、エヴァ以外の作品を手掛けてきたが、結局エヴァを作ることになってしまった庵野さんですが、はたしてシン特撮シリーズを作ってエヴァの呪縛から解き放たれるんでしょうか?

 

あ~ちなみに庵の監督にはシン仮面ライダーを作成後に、シン愛國戰隊大日本を作って欲しいなと切に願います。

【PS.】

漠然とした不安、あなたは抱えていませんか。

一年も二年も、その先もずっと、ストレスのある人生を送ると考えるとウンザリしてしまいますよね。

今よりも軽減できたら、もっと良い人生が送れそうじゃないですか。

僕は、大きな絶望感を感じていた人間でしたが、心理学を学びました。

僕の経験談が他の人にとって最良の人生が送れるヒントになればなと思い、なにを学んだのかを記事にまとめました。

ご興味ある方は下記の記事をお読みくださいませ!

センターピースホームスタディコースについて【特典付き】
はじめに「あなたはビジネスで成功したいのですか?それとも人生で成功したいのですか?」犬飼ターボ著【CHANCE】より上記の言葉は「CHANCE」という小説の中に出てくるセリフです。25歳の時にはじめて「CHANCE」を読み、感銘を受けました

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
エヴァンゲリオン
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました