エヴァの旧劇場版と新劇場版について思うこと!

エヴァンゲリオン

この記事を書いている人<ケンタ ヤマモト>

小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。それどころか、不安ばかりがつのり、次第には人生に絶望!…

そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかをプロフィール記事に書いています。ご興味ある方はぜひお読みください。

プロフィール
1986年生まれのB型、星座は牡牛座。 静岡県出身で今現在は神奈川県在住。 好きな言葉は「成長」とか「努力」とか「学び」です! ちょっと固い人だなと思ったでしょう? 自己啓発の話は好きですが、くだらないことも...(続きを読む)

前回の記事にてシン・エヴァンゲリオンを見てきた率直な感想を書きました。

で、今回は旧劇場版とシン・エヴァンゲリオンを比較するというテーマで記事を書こうと思います。

旧劇場版に比べてシン・エヴァンゲリオンってどうなんだろう?とか、ここって旧劇場版のセルフパロディやセルフオマージュだよね~、みたいなことを書きたかったので記事にしました。

ということで早速いってみましょう!

旧エヴァと新エヴァの違いなどについて

精神世界への突入はシン・エヴァンゲリオンの方がわかりやすかった

旧劇では、人類補完計画の全容が視聴者には明らかにならないまま、補完が発動。

すべてのヒトはLCCへと還元され、シンジをはじめとした登場人物達も次々とリリスのもとへと帰っていきます。

そして、そこから精神世界の描写が始まるのですが、なんの説明もなくいきなり登場人物たちが心の内側を語りだし、場面もコロコロと変わっていくため、今視聴しているシーンが精神世界での出来事なんだというのが非常にわかりにくかったです。

一方、シン・エヴァンゲリオンはゲンドウが説明口調(笑)で精神世界へ没入したことを話してくれていたため、今見ているのは登場人物達が作り出した心の中の世界なんだということが理解できる構造になっていました。

 

あと、シン・エヴァンゲリオンでは精神世界でシンジとゲンドウが戦いますが、その戦いの現場が映画のセットのような造りになっていましたよね。

あれって、TV版26話終盤で台本を持つシンジのセルフパロディなのかな~って思いましたね。

TV版では、今の自分のままでなくてもいい、自分が望めば別のニンゲンにだってなれるんだ!とシンジは気付きますが、そのときに台本を持っているんですよね。

それのセルフパロディなんだろうなあと思いました。

巨大綾波(リリス)には笑った

旧劇で出てきた巨大綾波が今回のシン・エヴァンゲリオンにも出てくるとは思っていませんでした。

しかもCGを使っているのか、旧劇よりもリアルタッチ。

正直、アニメタッチの他の登場人物とまったく異なるタッチで出てきたため、登場したときは笑ってしまいました。

だって、あまりに浮いてて違和感あるんだもの…。

 

庵野監督はどういう意図があって、リアルタッチしたんでしょうか?

今まで続いてきたエヴァという作品を精算するために、旧劇と同じシーンを入れるという意図は理解できるんですが、リアルタッチにせんでもええやろー、と思います。

シン・エヴァ冒頭のパリはナディアのセルフパロディ

最後に旧劇との比較ではありませんが、面白いなと思ったシーンについて書いていきたいと思います。

映画冒頭でマリやヴィレの面々がパリで戦いますが、あの場面を見た時

「あぁ…これはナディアでNノーチラス号がパリで戦闘したシーンのセルフパロディなんだろうなあ」

と、思いました。

 

ふしぎの海のナディアは、庵野監督がエヴァ制作前につくったアニメ作品。

TV版エヴァでは、裏設定としてふしぎの海のナディアの世界と繋がっていることになっていました。

シンジが授業中に読んでいる教科書には、ふしぎの海のナディア作中であったパリの空中戦が載っています。

 

エヴァQでもナディアのアレンジBGMが使われていました。

またネルフの副司令である冬月コウゾウを演じる声優は、ナディアでも悪役のガーゴイルを演じているという共通点があります。

シン・エヴァンゲリオンでは、シンジ達と対立する立場にある冬月は、ナディアのガーゴイルとかぶるところがあります。

こういう隠れた共通点を見つけると面白いですよねぇ。

◆エヴァについての関連記事◆

不安だけど信じるというのは素晴らしいこと
あなたは、誰かを信じた結果、裏切られた経験ってありませんか? 誰でも傷つく経験ってすると思うのですが、傷ついた時って嫌な気持ちになりますよね。 「なんで自分は疑わずにすんなり信じてしまったのだろうか」 「あ...(続きを読む)
エヴァで人生観が大きく変わりました
エヴァンゲリオンを最近見直しました。 僕にとってエヴァンゲリオンは大きな存在です。 エヴァがなければ「今の生き方にはなってないだろう」と思うくらい強い影響を受けているんですよね。 エヴァを最初に視聴したのは小学5年...(続きを読む)

【PS.】

漠然とした不安、あなたは抱えていませんか。

一年も二年も、その先もずっと、ストレスのある人生を送ると考えるとウンザリしてしまいますよね。

今よりも軽減できたら、もっと良い人生が送れそうじゃないですか。

僕は、大きな絶望感を感じていた人間でしたが、心理学を学びました。

僕の経験談が他の人にとって最良の人生が送れるヒントになればなと思い、なにを学んだのかを記事にまとめました。

ご興味ある方は下記の記事をお読みくださいませ!

センターピースホームスタディコースについて【特典付き】
はじめに「あなたはビジネスで成功したいのですか?それとも人生で成功したいのですか?」犬飼ターボ著【CHANCE】より上記の言葉は「CHANCE」という小説の中に出てくるセリフです。25歳の時にはじめて「CHANCE」を読み、感銘を受けました

―あなたの不安が晴れることを祈ります―

最後までお読みいただきありがとうございました。記事が面白いと感じたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ご協力、応援よろしくおねがいします!

この記事を書いた人
ヤマモト ケンタ

<プロフィール>
小学校から中学校までの間、ずっといじめにあい嫌な思いをする。
10代は、周りに溶け込むことができなかったが、20代以降はもっと良い人生になるように頑張ろうと、いろんな経験を積もうと躍起に。
子供時代よりも行動力が増え、友人の数もたくさんいるのに満足感を得ることができなかった。
それどころか、不安ばかりがつのり、望んでいた人生になってしまったことに絶望!
そんな状況ではあったが、良い未来にすることを諦めたくなかったために、心理学を学んで人生の改善にはげむ。
そして、見事改善が見られ満足感と幸せを感じられる人生となる。
どうやって、感じていることが絶望感⇒幸福感と変化したのかを記事としてたくさん公開しています。
ぜひ、お読みいただければと思います。

ヤマモト ケンタをフォローする
エヴァンゲリオン
ヤマモト ケンタをフォローする
不安が晴れるヒントがあるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました