WEB漫画の個人サイトを製作する過程を紹介!【実況記事】

WEB漫画ブログの作り方

こんにちわ。当ブログ管理人のケンです。

当ブログはワードプレスを使って更新をしています。

近年ではワードプレスでブログを作る人が多くなり、イラストをワードプレスサイトで公開する人も多くなりました。

しかし、なかにはワードプレスでブログ構築するのが難しいと感じている人もいらっしゃると思います。

そういった方々に向けて僭越(せんえつ)ながら、僕自身がどうやってブログ設計をしているのかを公開していこうと思います。

WEB漫画のアマチュアサイトが完成するまで実況!

この記事を公開した意図

当ブログのコンセプトは「個人がブログを作り、イラストや漫画で有名になることができるか?を検証する」ことです。

ブログを主軸として漫画やイラストの情報を発信していき、知名度を増やそうと考えています。

その知名度を高めていく過程すら、コンテンツとして情報発信すれば面白いんじゃないかと考えた次第です。

今まで他の方が書いたワードプレスのカスタマイズを見て大変参考になったので、僕の体験談が他の人の参考になればいいなあと思って書いていきます。

このブログの目標点

いま読んでいただいているこのブログは、将来的に「WEB漫画」という1単語で上位表示できることを目標に更新しております。

アフィリエイターやブロガー、強力なインフルエンサーがいるような土壌ではないので、ガチれば案外実現するのではないかと考えてます。

ドメイン

2019年1月はじめにドメインを取りました。

取ったのは「work」ドメイン。

理由は1円だったことと、「ウェブマンガワーク」という語感がなんだか良いなあと思ったからです。

「com」や「net」といったドメインが強い、などという話を聞きますが、実感したことがありません。

「xyz」で作ったサイトで4記事しか書いてないのに、ジャンルキーワードの2単語で上位表示したこともあります。

ドメインごとに強さがあるなんていうのは、うわさ程度の話なのかなって思います。

サイト設計

このサイト設計はむちゃくちゃ考えています。

「xyz」ドメインで4記事のみ書いて上位表示できたのも、サイト設計をガッチガチにおこなったからだと思ってます。

サイト設計で参考にしたのは、最近ツイッターで話題の「のんくら本」

本を読みながらカテゴリーをどう作っていこうかむちゃくちゃ悩んだ。

マインドマップを使ってカテゴリーと記事を振りわけていきました。

下記のマインドマップが、自分が考えたサイト設計です。

いつまでも悩んで結局行動しないのはよく無いなと思ったので、とりあえずこのサイト設計で記事を書くことに。

3/21に中古騎士オーラン氏のnoteを読んでサイト設計を変えることを決定!

中古騎士オーラン氏(@orank_domain)が発売しているnote「白の書物」を読みました。

白の書物

興味がそそられたのが「固定ページと投稿ページの使い方」というnote。

固定と投稿をどう使い分けようか考えてたんですよねー。

固定ページっていうと、トップページ用に使うとか問い合わせやサイトマップで使っている人多いのかもしれませんが、黒騎士さんのnoteではそれ以外の使い方を提示していました。

キーワード選定

目標は「Web漫画」という単一キーワードで上位表示することを目指します。

「Web漫画」の単一であげるために、各個別ページで使うキーワードを選定します。

【使うHタグ】

  • h1(記事タイトル)
  • h2
  • h3

上記3種類のhタグに設定するためのキーワードを選び出します。

選び方はサジェストツールを使って選定していきます。

使っているサジェストツールは下記のツールです。

網羅性を意識しながら選定します。

網羅性とは

平たく言えば類似した検索意図のキーワードを1まとめにするということです。

「口コミ」と「ランキング」というキーワードはユーザーの検索意図が類似していると、よく言われています。

「口コミ」というキーワードを打ち込むユーザーは、ネット上で良い口コミがたくさん書かれている商品を買いたいと考えている。

もっと噛み砕いて言えば、高評価な口コミが集まっている商品を買いたいと考えているワケですね。

「ランキング」というキーワードで打ち込むユーザーは人気が高い商品を購入したいと考えています。

アマゾンでイメージするとわかりやすいかもしれませんが、ランキング上位に来ている商品は良い口コミもあつまっています。

だから「口コミ」と「ランキング」の検索意図は似通っているといわれているわけです。

なのでこういった検索意図が似通っているキーワードは、別々の記事タイトルにするのではなくまとめたほうがいいです。

【例 】

  • 美白化粧品のランキング(記事タイトル)
  • 美白化粧品の口コミ!(h2タグ)
  • 美白化粧品のオススメ(h2タグ)

「オススメ」も検索意図が似通っているためまとめてみました。

SEO上有利になりやすいです。

テンプレート

最初はバズ部が出している無料のテンプレート、XeoryExtentionを使っていました。

しかしカスタマイズという点で使いにくさを実感。

なので現在はSimplicityの後継であるCocoonを採用しますた。

Cocoonには感動した!

通常プラグインを入れなければできないようなことが、標準で入っている!

しかも無料で!

有料購入しようか検討している人は、Cocoonを試してみることをオススメします。

失敗しても無料だし、試して損することは無いと思いますぜ。

あ、ちなみに最初にインストールしたプラグインは以下になります。

  • Akismet
  • Contact Form 7
  • Wp Multibyte patch
  • TinyMCE Advanced
  • TinyMCE Template
  • ShortcodeUltimate
  • Table of contents plus

記事更新について

僕はいつもブログを立ち上げたら、いきなりビッグキーワードを狙いにはいきません。

※物販系の商標キーワードを狙ったミニサイトであればその限りではない。

開設初期はキーワードボリュームが小から中の下くらいの規模を狙いにいきます。

漫画系だったら「ワンピース」や「進撃の巨人」はビッグボリュームなので上位表示は難しい、だから狙いにはいかない。

「ワンピース」や「進撃の巨人」関連のロングテールキーワードでも取りにいくのは難しいと思う。

そんな有名どころではなく、ジャンプの新連載作品狙ったほうがいい。

新連載作品はキーワードボリュームが小さいものの、読者の関心は強い。

つまりキーワードボリュームは小さいので上位表示が狙いやすく、かつ関心度が高いのでアクセス数を見込める。

そんな感じのキーワードを狙いつつ、PVを集めてドメインを育てていこうかなと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました